essaywritershelp

MENU

少ないステップで肌を触りすぎないことが美しい肌への近道です

美容系の仕事をしていることもあって、美容ケアについては興味も深く、自分なりに色々と情報を集め勉強してきたのですが、色々なことを経験した結果行きついたのが、シンプルなケアこそ美肌への近道ということです。

 

若い頃は肌も元気で海外の高級ブランドをはじめとした色々なコスメアイテムを、こんなに使うのというくらい使っていましたが、年齢を重ねていくと肌も薄く弱くなり、良かれと思って加えた美容液のステップが逆効果となってしまうこともあるのです。

 

肌は摩擦に弱い、これを頭に入れておかないと、必死に時間やお金をかけて行っているケアが、嫌なシミやしわ、たるみを作り上げてしまっていることがあるそうです。私のスキンケアは至ってシンプルで、たっぷりと泡立てた泡を肌に乗せてぬるま湯ですすぐだけの洗顔で、タオルでごしごしもしません。

 

タオルを肌に乗せて水分を吸収して拭き取り、その後はしっとり系の化粧水をたっぷりと手で付けて、その後保湿クリームで保護するだけです。使っているものは化粧品というよりも医薬品がほとんどで、化粧水だけはコスメですが、保湿クリームや夜のケアで使うプラセンタジェルやピーリングクリームは海外から個人輸入した医薬品です。

 

日本ではおそらく美容系のクリニックでお願いすれば処方してもらえるでしょうが高いので、私は信頼できる個人輸入代行サイトから購入しています。まつ毛がぐんぐん伸びる育毛剤も同じで、日本製のまつげ美容液などは使わず、海外の医薬品を使っており、ふさふさになれました。

 

化粧水を選ぶコツとしてはセラミドが入っているものがお勧めで、どんな保湿成分よりも優れており、肌から水分が蒸発するのを防いでくれます。究極のところ肌は保湿さえしっかりして摩擦を防げば、綺麗な状態を保つことが出来、肌が綺麗であればファンデーションを塗る必要もなくなり薄化粧で済むので、夜のクレンジングもごしごし念入りにする必要がありません。


www.000webhost.com